3D映像に関しては私も意見がある

標準

3D画像がこれからの主流だと言う。

確かにモノクロからカラーになったくらいの大きな変化だと思う。

新製品オタクを自称する私としても、富士フィルムの3Dカメラは発売と同時に8インチくらいのフォトフレーム型ビューアとセットで購入した。

もちろん3D映画だって見に行った。

富士フィルムのメガネがいらない3Dデジカメは確かにスゴイ。

ちょっと被写体の取り方に3Dらしさが出るように構図を取る工夫が必要だけど、りっぱに裸眼で立体的に見える。

映画もちゃんと立体的に見える。

でも私の結論はiMaxシアターしか無いと思う。

別にiで始まってマックっぽい名前だからというわけではない。

最近多いシネコンは少人数で比較的小さいスクリーンで映画を見る。

映画館の映像も富士フィルムのビューアやプリントした写真も確かに3Dで見えるけど何か物足りない。

わかった事は二つ

1. 自分の視野角よりも広い画像(首を動かさなければ全体を見る事は出来ない)スクリーンが必要

2. 前の人の頭が視野に入ると興ざめ

という事だ。

imaxシアターは客席の傾斜が急勾配になっているのでまず前の席の人の頭は目に入らない。

すごいワイドスクリーンで、首を動かさないと全画面を見る事は出来ない。

これで3Dを見ると思わず降って来る雪に手を出してみたり、自分に向かってくる機関車を避けたりする事になる。

西武のせいかどうかわからないが、日本ではimaxシアターのビジネスはあまり成功では無かったようで、品川、新宿、軽井沢の良く行っていたimaxシアターはすべて閉館になってしまったので残念だ。

電気量販店に行くと液晶テレビで3Dを盛んに宣伝しているけど、そういう理由で今のところ物欲が首をもたげない。限られたフレームの中での立体画像はしっくり来ないからだ。

3D新しい楽しみ方があるのかもしれないが、それに気がつくまではいろいろと試してみる毎日です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中