Flipboard やっと試す事が出来ました

標準

先週、Social magazineという分野に分類されるとしているFlipboardというiPad用のソフトを試してみました。

7月21日にリリースされ、itunes Appstoreで無料でダウンロード出来るので、早速試してみました。

確かにユニークなデザインで自動的にインターネットのコンテンツが雑誌の様にレイアウトされて表示され、今、電子書籍関連で出ている雑誌のインターネット版とは全く違う可能性を感じます。

Wiredの電子雑誌みたいな感じという評価も出ているようですが、見た目は確かにそんな感じですが、違いはインターネット上のアチコチのソースからFlipboardが拾って来て自動的にレイアウトするという所だと思います。

Flipboardのコーポレートサイトやyoutubeにある表題のビデオがわかりやすいのでそれを見るとイメージが湧くと思いますし、無料だからiPadのオーナーであれば、まずはダウンロードして見てみるのが良いと思います。

残念ながら、リリース当初予定していたより大幅に多くの反響があったせいか、目玉のFacebookとTwitterとの接続のところがキャパシティーオーバーでうまく行かないらしく、現時点では接続したいとリクエストを送るとFlipboradの方から順番に接続していいよというインビテーションが来るという方法で総量規制を行っている様です。

私も同様にFacebookとTwitterの登録が先週は出来ずに待ちとなり、今日、やっとインビテーションが届き、FacebookとTwitterのセットアップが出来ました。

Twitterの方は、確かにBit.lyなどのイメージも埋め込んだ形でタイムラインを表示してくれ、なかなか見やすい感じです。また、リスト等にも対応していて、うまくリストを作ると本当に特定のトピックスの特集記事みたいな感じに見れます。

Facebookの方はFacebook自体が中身が濃いし、かなり期待をして見たんですが、今のところあまり斬新な感じには見えません。

また、一番向いていると思われるのはNews Readerだと思うのです、Google Readerなどと接続出来るようになるとグッと便利さが増すと思います。

まだまだこれからいろいろな機能を増やして行こうというところでしょう。

将来が楽しみなソフトである事は間違い無いと思います。

広告

1件のフィードバック »

  1. Twitterのリストと組み合わせると、かなりいい感じです。
    特定の分野の人を集めたリストとか、#ipadなどハッシュタグのリストなど作ってFlipboardに登録すると、まるで雑誌の特集記事みたいになる。パフォーマンスとか品質とかまだまだ問題あるけど、電子書籍の新しい形を提言していると思います。
    ちょうど取材に来た記者の人に見せてプロからみてどうですか、と聞いたら「僕らの仕事無くなっちゃうかな」って言っていました。
    一つ気がついた事は、Twitterもただつぶやくだけではなく何かしらイメージファイルを添付すると、見てくれがすごくかっこ良くなる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中