今度は腕時計を再定義しちゃったりして?

標準

9月1日(日本時間では9月2日の午前2時)にアップルがプレスカンファレンスを行い、新しいipodシリーズが発表されました。

Shuffle, Nano, Touchとすべてが刷新され、クリスマス商戦に突入という感じなんでしょうね。

メダマはなんといってもTouchで、あの7.2mmという薄さ、101gという軽さでiphone4と同じ機能がつめこまれており、電話機能の無いiphone(Jobsは契約のいらないiphoneと言っていましたが)であの値段でセンセーショナルなデビューだと思います。

iphone3GSを会社で配布されている身としてはiphone4に変えるわけにもいかず、もんもんとしていたので、新iPod touchは飛びつくように注文しました。 自分への言い訳としては、デジカメ、ビデオカメラの代わり。

しかし、iphone4同等というくらいですから、iphone4で使っている使い方から大きく変わる話では無いと思います。appleはipod TouchはNintendo DSやPSP対抗のゲームマシンとして位置づけている傾向があるので(プレゼンテーションでも、今までのipod Touchの販売実績を言う時に「Nintendo DSとPSPを足した販売数よりも多い数売った」と表現してましたから)そちらの分野でも大きく販売を伸ばせるとは思いますが、これも今までの延長線上です。

しかし、iPod Nano は全く新しい分野の可能性を秘めた製品かなと思います。

どうやらApple Watcherのニュースやブログを見ている限り、iOSというiphoneやipadで使われているOSでは無いらしいので、Nano用に一般開発者がいろいろアプリを作るという事は出来ないみたいですが、それでも使い方に今までのipodの使い方とは違うものが出てくるのでは、という予感がします。

また、残念ながら外部との通信機能はBluetoothもWifiも無く、(まあ、あの小ささで使用に耐えうるバッテリー寿命にするためにはしかたないと思いますが)「機能を追加する」という点では制約がありますが。

例えば、下の写真のiWatchなんか、ぜったい有りだと思います。もちろん、今の腕時計の様なバッテリーの持ちはないので頻繁に充電する作業が必要になりますが、それでも、もしかしたら、今度は腕時計を再定義するんじゃないかと思っちゃいます。どうですかね。

ipodですから、ソフトウェアのアップグレードはitunes経由で出来る訳だし、マーケットの受入次第ではどんどんと進化しそうな気もします。

13800円で買っておくのもいいんじゃないでしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中