キラキラ目が印象的でした

標準

ひょんな事から、モーガン フリーマン と ジャック ニコルソンの「最高の人生の見つけ方(原題:The Bucket List)」という映画を見た。

大分前に封切りされた映画で、見たいなあと思っているうちに忘れてしまっていたのだが、facebookで別件のやり取りしているうちに、モーガンフリーマンつながりでその映画の事が出てきて、その勢いでiTunesの映画リストを見たらあったので、購入してしまったという流れです。

まさに今のインターネットビジネスの「思うツボ」的な流れにハマってしまった感じ。

話のあらすじは大体解っているので、予想通りの展開で、予想通りの良い映画でした。

二人の名俳優の共演なので演技としてだけ見ていても楽しくなりますが、全体の映画の中で一瞬だけ、ハッとして心に残ったシーンがありました。

それが冒頭のスクリーンショット。残念ながらスクリーンショットではその表情は伝えられませんが。

全体のストーリーの中ではそれほど重要なシーンでは無いと思いますが、モーガンフリーマンが香港のホテルのバーで一人でお酒を飲んでいるシーン。

そもそもお話は、たまたま同じ病室で余命6カ月と宣言された全くタイプの違う二人が残りの命で「死ぬまでにやりたい事リスト(the bucket list)」をやろうと旅に出る話。

そのリストの中に「エベレストに登る」というのがあったので行ったが悪天候で断念した後に行った香港でのシーン。

たまたま(?)、バーでモーガン フリーマンの隣に座った女性がエベレスト登頂経験があるという話になって、エベレストの頂上での様子を聞く時のモーガンフリーマンの表情がとても印象的だった。

あんなしわくちゃでしみだらけの汚い顔(ちょっと失礼ですかね)で、その話になった途端に、目がキラキラするという一瞬の演技にドキンとしました。

お涙ちょうだいのメインのシーンでも無いのですが、とても気になって後でもう一度見直して見ましたが、表情はそう変えずに、眼だけが「キラキラ」したように見える演技なのです。本当に子供みたいに興味津津にならなければ出来ないような表情でした。

始まってから1時間10分くらいのところのシーンです。

名役者ってやっぱりどこか凄いんですね。

ネタバレにはなっていないと思いますが、もしもまだ見ていない方が読まれていたらあしからず。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中