完全ワイヤレスです。

標準

そもそも このブログを初めて、最初に書いたブログが 振動型スピーカーの話でした。

ちっちゃな装置をiphoneにつなげば、その装置を置いていある物がスピーカーになるので大音量のスピーカーを持ち歩いているのと同じで便利だと。

その後、いくつか振動型スピーカーが世に出てきて、そのうちのいくつかは性懲りもなく買っていたのですが、今回購入した振動型スピーカーはなんと完全無線。

Burutta という商品名ですが、本当にこれをポンと机やテーブルの上に置くだけで 手元のiphoneの音楽が大音量で再生されるのです。

テクノロジーは、特に目新しいものではなく、音声信号はもうヘッドセットなどでおなじみのBluetooth4.0 のA2DPというプロトコルで送っています。

電源は、これもポピュラーなiphone様の充電バッテリーと同様、リチウムイオン電池を内蔵し、そこに充電して使う事で 10時間の利用が出来ると言うもの。

どちらも最新技術と言うわけではなく、とっくに出ていても良さそうな話ですが、多分、これが初めての商品なのかなと思います。(すでに他に出ているかもしれませんが)

無線というのはケーブルが無いというだけではなく、本当に、その装置の有り方を変えてしまうものだと思います。

鞄からBuruttaを出して、机におくだけ。 で、部屋中の全員が満足な音量、音質で聴ける状態になるというのは、実際に試してみないと伝わらないかもしれません。

机などの大きなものにくっつけてそれを振動板として使うので、どうしてもBurutta自体にある程度の重量が無いといけないわけですが、これはそれを内蔵バッテリーの重さで充当しているみたいです。iphone様の補助バッテリーは各社しのぎを削って軽量化しているのに、Buruttaは重し機能として活かしているというのはちょっと面白いですよね。

結果、10時間の連続再生が出来るだけの容量のバッテリーを積んでいるわけですが、これをただスピーカーの為だけに使うと言うのはもったいないという事なのか、USBアウトのポートが付いていて、iphoneなどに充電も出来るようになっています。

1500mAhの容量だそうですから、いざという時には頼りになります。

また、竹を切ったような傾斜がついた上面もベタベタの素材になっていて、ここにiphoneを乗っけて動画を見たりするようになっています。

私はためしにiPadを乗せてみましたが、全く問題無く、丁度よいiPadスタンドにもなるな、という感じです。

振動板にするものに触れる部分(底)も密着するようにベタベタした素材になっているので、鞄にしまっている時にゴミとか付いたりしそうなので、ちょっと寸足らずですが、ipod様に昔買った靴下に入れています。

結構満足な逸品です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中