カテゴリー別アーカイブ: 新製品

なんでも新製品に関するもの

windows用のタッチパッド

標準

Logicoolから新発売のワイヤレスタッチパッド T650を買ってみました。

ご覧のとおり、Appleのマジックパッドとほぼ同じサイズで、表面がガラスというところも同じ。

我が家にはWindowsマシンはひとつも無いので会社のPCにつなげてみるかと思っての購入。

めっきりタッチパッドになれてしまったので、会社のマウス操作がわずらわしくなり、そういうことにしました。

続きを読む

完全ワイヤレスです。

標準

そもそも このブログを初めて、最初に書いたブログが 振動型スピーカーの話でした。

ちっちゃな装置をiphoneにつなげば、その装置を置いていある物がスピーカーになるので大音量のスピーカーを持ち歩いているのと同じで便利だと。

その後、いくつか振動型スピーカーが世に出てきて、そのうちのいくつかは性懲りもなく買っていたのですが、今回購入した振動型スピーカーはなんと完全無線。

Burutta という商品名ですが、本当にこれをポンと机やテーブルの上に置くだけで 手元のiphoneの音楽が大音量で再生されるのです。

続きを読む

FuelBand 楽しめます

標準

Nike+ Fuelband が届いたので、少しの間使ってみました。

そもそも私はアスリートでは無いのであまり活動量を計測する楽しみはないのだが、実際やってみると結構たのしいものである。

万歩計と違って歩いた歩数のみを量るのではなくすべての活動が測定されるというのがフレコミなので、きっと理屈としては単純に100歩 歩くのと100段の階段を登るのとでは、万歩計なら同じ数値でも活動量は違うという事になる。

どんな活動がカウントされてどんなものはカウントされないのかはこのビデオを見れば大体わかると思います。

Counts

自分の一日の活動量の目標の数値を定めて、後はそこまで1日で行くかどうかというだけのもの。

活動量の進捗が奇麗な赤黄緑のインジケータで表示されるのでわかりやすい。

 

で、実際に測定した結果をiphoneで見てみると生活パターンがわかりやすい

続きを読む

ヘッドマウントディスプレーが忘れた頃に届きました

標準

昨年の11月11日に発売になったのですが、タイの洪水の影響か、出荷が大幅に遅れていました。

そう、Sonyのヘッドマウントディスプレー HMZ-T1。

私はといえば、発売のずっと前に予約したつもりだったのですが、どうやらSonyの「発売したら買いたいですか?」というアンケートに答えただけみたいな状況で、予約が入っておらず、少しの間イジけて注文しなかったのですが、やっぱり欲しくなって注文を入れちゃいました。

それが、とんと忘れた半年以上も経って昨日、我が家に突然届いて来ました。

発売してから手元に届くまで半年もかかるなんて、いくらタイの洪水があったとはいえ、フェラーリじゃあるまいし、ちょっとひどすぎませんかね。Appleなら次のバージョンが発売されちゃうかもしれないスパンですよね。

とはいえ、来ればうれしいもので、早速あれこれ試してみました。

続きを読む

クチコミは最強ですね

標準

20120221-080851.jpg

初めてルンバが紹介された時、新製品オタクの私としては家の掃除などしないのですが欲しくなり、嫁さんに買おうよと持ちかけたのですが、全く興味を示さず。
ところが、最近嫁さんの友達がルンバってイイわよ、と嫁さんに話したらしく、更に一日貸してもらってきた。
で、早速我が家で試してみました。
実験なのであえて全てのドアを開けっ放しにして、ルンバがどこでも行けるようにして始動。

結論から先に言うと、結構使えます。
続きを読む

iTunes U がすごすぎる

標準

1月19日のAppleのEducation関係のプレスカンファレンスを見てiTunes U がかなり良くなったとの事で早速試してみた。

初めてiTunes Uが紹介された時にはPodcastの大学講義版という感じでしたが、今回は本格的です。

iBook2 もすごいですが、今度のiTunes U はコースマネージメントというかワンタームの講義すべてに必要な事が盛り込まれ、マネージ出来る様になっているようです。

早速試してみました。

続きを読む

度数が調節出来るなんて考えてもみなかったですね

標準

はっきり言って、好奇心で買ってしまった事は否定しません。

私は近視では無いので通常眼鏡使用ではありません。

まあ年と共に老眼は出てきたようなので、一応自分への言い訳としては老眼鏡としての利用という事で。

人気があるのか昨年12月に注文しましたが届いたのは年が明けて1月の半ば過ぎの昨日。

アドレンズという 度数が自由に自分で変えられるメガネです。

どんなものなのかはこのリンク先のビデオを見てみればすぐにわかると思います。

続きを読む