月別アーカイブ: 8月 2010

パラダイムシフト阻害商品

標準

今IT業界はパラダイムシフトの時代である。

そして、今やすべての人がIT機器を使って日々の生活をしているわけで、ひいては、世界中の人がコミュニケーションの仕方、仕事の仕方、情報の処理の仕方についてパラダイムシフトをしなければならない時期だと思う。

パラダイムシフト商品やサービスは日々出てきている。後は使う側の考え方、行動が変わる必要があるだけ。

しかし、このアーリーアダプターからアーリーマジョリティーへの壁はイノベーション理論にもあるようにかなり高い。

PCと電話機を中心にしたコミュニケーション、情報処理のやりかたにずっぽり浸かっている人たちが、クラウド、モバイルなどをベースとした新しいパラダイムに切り替える(必要があると気がつく)のは容易なことではない。単純にシステムをクラウドサービスに変えて、ノートパソコンを新しいモバイル機器に変えれば良いというものではなく、考え方を180度変えなければならないからだ。

パラダイムシフト商品を出している企業は一生懸命新しいパラダイムが理解されるよう、商品説明というよりは「新しいパラダイムの後の生活(Life after big change)」をイメージする様なパブリシティーを一生懸命やっている。

しかし、ここで気がつくのは、これらとは全く逆向きの行動がみられる事だ。

続きを読む

アナグマがテントに入って来た!!

標準

この前の嫁さんのビデオ編集の投稿をして思い出したんですが、2年前、表題の様に、アナグマがテントに入ってくるという事件があり、その一部始終をビデオに撮っていたのでYoutubeにアップしたのを思い出しました。

2年前の夏に、丹沢のいつも行く「バウアーハウス」というオートキャンプに泊まったときの話しです。

テントで夜寝ていたら、真夜中になんだかテントの回りを凄まじいスピードで動く物体の音で目が覚めました。

てっきりテントの外に野生の動物が来て騒いでいるのかなと思って電気を付けたら、なんとテントの中に得体の知れない動物がいて、それがテントの内周を猛烈なスピードで走り回っていたのでした。

どんな動物かもわからず、慌てて家族を起こしてとりあえず人間はテントの外に出て外からじっくりと中を見たら、どうやら小動物のようです。

続きを読む

嫁さんとimacの力作です

標準

嫁さんがビデオの編集を頼まれたみたいで、その練習で作ったビデオクリップ。

macのimovie使えばたいした事してなくてもそれなりの見栄えのものが出来ちゃいますね。

ちなみにこのビデオの時のうちのワンコは生後6ヶ月くらい、体重は4キロくらいだったと思いますが、今は生後11ヶ月でなんと7キロ。

成犬で5ー6キロって事だったんですけどね。

symbalooってなんか使いやすいです

標準

Symbalooって知ってますか??

上のスクリーンショットの様な、Webのスタートページ作成のサービスです。

これ自体がweb型のサービスなので、作った自分のスタートページは自宅でも会社でもネットカフェでも、はたまた、iphoneやipadでも同じものが使えます。

ブックマークを同期するとか、そもそも必要のないところがクラウド時代のサービスっていう感じです。

もちろん無料で、60個くらいのアイコンというかタイルをを自由に設定、レイアウト出来る。

それでも足りなければ複数ページ作れる。

英語だけどわかりやすいビデオがYoutubeにあるのでそちらを見るとイメージが湧くと思います。

視覚的にきれいだし、隙間を開けながら、グループの島を作ったり、通常のブックマークで整理するよりはずっと使いやすい感じです。

続きを読む

Ann Luciaおめでとう

標準

葉山マリーナの公式ツイッターから「Ann Lucia」が無事カナダのビクトリアに到着したというニュースが入ってきた。

Ann Luciaは葉山マリーナに係留している37フィートクラスのヨットで、特に親しくはなく、時々挨拶する程度の関係ですが、おとなりに係留している「おとなりさん」なので、この快挙は自分のことのようにうれしくなっちゃいました。

上の写真は自分たちの船の写真を撮っているときに偶然撮ったおとなりのAnn Luciaの写真です。

普通のスクリュー以外にバウ(船の先頭の方)に横向きにスクリューがついていて(なんか名前があると思いますが)、船の向きを簡単に変えられるようになっており、バースからの出し入れが楽そうでうらやましいなと思っていました。

昨年、忙しそうに、船に太陽電池パネルを付けたり、風力発電を付けたりと毎週末の様に装備を付けていたので(本当はウィークデーもやっていたのかもしれませんが、何しろ私が週末しか行っていないので)何をしているのかなと思っていたら、そのうち、「沖縄に行くのでちょっと留守にします」と言って出航していきました。

なんでも、基本的には港に止まり止まりゆっくり行くようなことを言っていたので、優雅でいいな、と思ったのですが、いまから考えると、これはそのあとの大航海の練習だったんですね。

続きを読む

走らないんですけどね

標準

べつにアスリートではないんですが、形に惹かれて、SomaというブランドのRunOneという時計を買っちゃいました。

腕時計はソーラで電波時計というのを最低ライン時計を買っているので、結局いつもカシオのGショック系になってしまいます。

会社用にはMrGというクロノグラフ系の針が6つもあるやつを使っていたのですが、やはり駆動すべき針が6つもあるとソーラー電池ではきついのか、あるいは私の時計がいつもワイシャツのそでの下にあるのでちいとも太陽にあたらないせいなのかは解りませんが、直ぐにバッテリー切れになってしまいます。ソーラー電池のタチの悪いところは、こういうときに太陽光にあてるしか充電方法が無いというところで、運が良く晴天の日でも数時間待たないと使えません。

で、かなり頻繁に時計を見ると「0時0分を指してる」というケースがあったので、お払い箱。

とりあえず、オフの時に使っている本来女性用のBabyGを会社にもはめて行っているのですが、あまり評判もよろしく無いので、暇があると時計を探していました。

ところが、ソーラ電波の中からとなるとなかなかこれだというのが見つかりません。

今回のSomaのナナメの文字盤の奴はいつも気にいって眺めるのですが、ソーラでも電波でも無いので結局選べなく、1年くらい経ってしまいました。

で、今回、清水の舞台から飛び降りるほどの「決断」でソーラ電波を捨てて、写真のSomaを選ぶ事にしました。

(実は先月、子供の誕生日に腕時計がほしいというので、Somaを買ってあげているんですが)

続きを読む

偶然にも買えちゃいました

標準

私はエキストラコールドにはまっていますが、ビールを飲んだら運転出来ないので休日家にいる昼間は車で出かける事が無い事が確定していない時は飲まないようにしています。

そのかわり、最近はやっているアルコールゼロパーセントのビールを飲んでいます。

先日、サントリーからアルコール0%以外に糖質、カロリーも0%というトリプルゼロのノンアルコールビール、「オールフリー」が出て話題になりましたが、すぐにサントリーから「生産が追いつかないため販売休止」というプレスリリースが出ました。

新製品オタクとしては是非試してみたいと思っていたのにがっかり。

そもそも、センセーショナルに宣伝までして、いざ売出したら思いのほか売れ行きが良くて品薄というのは「マーケティングミス、経営の恥」というのが私の持論なのですが、まさにそのパターンにハマった様です。

嫁さんはアルコールを飲まないのでやはりアサヒやキリンのノンアルコールビールは常に冷蔵庫にストックしてあります。

今日、夏休みのなか日で午前中空きができたので近所の酒ディスカウントストアのパワーラークスに貯め買いに行きました。

その時にダメもとでお店に「オールフリー」の事を聞いてみたら、確かにメーカーから9月末までは入荷しないと言われているという事だったのですが、「バラで良ければ倉庫に6缶パックが3つだけあるよ」と言われたので、思わず買っちゃいました。

続きを読む

ふきツクは結構利用範囲が広いと思います

標準

最近、twitterでフォローしている人で、写真にフキダシ付きでつぶやく人が多くなった。

なかなかいいので、iphoneのappstoreで探してみたらありました。

ふきだしツクール、略してふきツクっていうらしいですが、ライト版は無料、フルバージョンでも115円。

早速ダウンロードしてみた。

そんなに高機能ではないけれど、何しろ、簡単に写真にふきだしを付けて、コメントを付けられる。

続きを読む

「ちょうどええ」が大事です

標準

先日、私の所属している協会のセミナー会場にテレビ局の番組の為の取材が入りました。

なんでも世界に誇る日本の科学技術というテーマでの取材なんだそうで、番組の内容とかに関係なく、このクラウドコンピューティング時代にいったい何なんだろうと考えてみました。

いくつかあるんでしょうが、日本独自となると、ガラパゴスまっしぐらというパターンに陥るケースが多く、あまり「日本」にこだわるのはいかがなものかというのが私の日頃の持論なんですが、こういうお題ですからなんか、世界に誇れる物で、かつ、私の持論からはずれない、これからものばすべきものはなにかなといろいろ考えてみました。

他の人達からは、電気自動車とか、ナノテクとか、太陽電池とかいろいろ出てきているようですが、ちょっとアングルが違うのかなと思って考えていました。

で、出て来たのが「ちょうどええ」技術です。

「最適化」と言った方が正しいのかもしれませんが、世の中、最大化を目指すタイプのものと、最小化を目指すタイプのものと、「最適化」を目指すタイプのものの3種類があると思います。例えば企業の利益は多ければ多いほど言い訳ですし、コストは少なければ少ないほどいいわけです。そんな中で、「ちょうどええ」ところを目指すような分野もあり、これはどちらかというと理論とか数式で求めるよりも実験を重ねて見極めて行くタイプが多いと思います。

日本古来よりある技術はこの「いろいろな試行錯誤を重ねた結果一番良い」ものが沢山あると思います。もしかして科学技術が進んでいろいろな事が解明されれば最適化も方程式で導きだされるのかもしれませんが、現時点では地道な努力と継続力と想像力の組み合わせで生まれる

「ちょうどええ」を見つけ出すのは日本ならではの技術ではないかなと思いました。

そんな妄想を勝手にしてみた時間でした。

改めて Portable WiFi 重宝しています。

標準

少し前のブログでWiFiのみのiPadを外でも使う為にBuffalo/DocomoのPortable Wifiを購入したというのを書きましたが、約2週間使ってみて、改めてこれは便利だなと思いました。

一つ余計な物を持たなければならないわけですが、それはなんとか問題になっていません。

本来私は手ぶら族で、通勤は基本的にはカバンを持たない主義だったのですが、ipadを買ってからはそうも言っていられず、かといって普通サイズのカバンを持つのはなあといろいろ探したいたところラガシャのちょうどいいサイズのカバンを見つけたところでした。

続きを読む