月別アーカイブ: 4月 2010

エネループとLEDまた買っちゃいました

標準

新製品と呼ぶにはちょっと発売時期は前のものですが、最近サンヨーのエネループ製品でEneloop Lampというのとソーラライトというのを購入しました。

どちらもエネループを使ったLEDライトなのですが、前者はインテリアとして使う物で、後者は屋外で使う物です。

EneloopLampはEneloopの単三電池2個で動作するもので、白い灯りのモードとブルーの灯りのモードがあり、それぞれに明るいバージョンと暗いバージョンがあります。素敵なリビングルームだとかベッドルームなどではワンポイントの光のアクセサリーとして良いと思いますが、私は夜寝る時にリビングルームを消灯した時に使っています。物を取りに行ったりという程度の場合の灯りとしては充分だし、付けっぱなしにしてももったいない気がしないので重宝しています。

すぐれものなのは有事の時のための機能として懐中電灯モードがある事です。

ランプが横になるとモーションセンサーで自動的に感知して、底面にあるLEDライトが自動的に点灯します。

地震などでランプが倒れると自動的に付くので、そもそも懐中電灯を真っ暗の中で探すという事がなくなります。

まだそのケースには遭遇していないので本当に便利かどうかは試していませんが、サンヨーのホームページで紹介しているビデオを見る限りはなかなか役に立ちそうです。

一方、ソーラライトは内蔵の専用エネループ充電池を使ったもので、太陽電池で充電またはA/Cアダプターで充電出来るというものでアウトドアでの使用を目的にしたものです。肩からかけるストラップもついているので、キャンプなどで重宝するなと思います。普通の懐中電灯モード以外に9つのLEDで広く照らすモードがあるので、キャンプで夜テントの中の灯りとして最適かなと思います。

今まで使っていた物は蛍光灯型のもので蛍光灯が悪いのか、光量が弱いからなのかは解りませんが、グリーンとブルーの色の区分けがつかなくなっていました。夜、テントの中でUNOのゲームをやる時これは非常に困ります。

このソーラライトはそうではない事を祈っています。(このゴールデンウィークにキャンプに行くのでその時試してみれると思います)

このソーラライトはもう一つよい点があってそれはUSBアウトレットがついているという事です。従ってUSBから充電出来る様な携帯電話、iphoneなどの充電池としても使えるという事です。3200mAhと仕様書には書いてありますから、良く売っているiphone用の携帯バッテリーに比べても大容量の部類に入ると思います。いざというときには役に立つでしょう。

いずれの商品も結構満足しています。

くわしくはサンヨーのサイトなど参照願います。

http://products.jp.sanyo.com/eneloop/

こんどはipadとショッピングです

標準

前回の投稿でiPadとマインドマップはベストマッチというのを書きましたが、こんどはインターネットショッピングです。

なんだかiPadの優れ物ソフトの紹介みたいになっている感じがありますが、私としては、iPadでやる事が一番良い「タスク」を模索しているつもりなんですけど。

AmazonのアメリカのサイトAmazon.comは早々とiPad用のアプリを作って無償でAppstoreで配布していますが、これがなんとも「スゴイ」です。

パソコンでインターネットショッピングをするのとあまり変わらないといえばそれまでなんですが、なんとも、「椅子に座って背もたれに寄りかかりながら買い物をする」事が「買物」をする最適の方法になっちゃうんじゃないかという気がしてきます。

いかに、ECサイトのデザインがきれいだったり、360度表示が用意されていたり、あるいはサイトの品ぞろえが豊富だったり、検索機能が充実していたりしても、やはり、お店に行って実物を触って決めるのが一番だよな、という感じが今まではあったのですが。

Amazon.comのソフトもそれなりに素晴らしいというのも一因だとは思いますが、やはりiPadという装置のあり方、使われ方に起因するものが大きいと思います。

こればかりはいくら説明しても、スクリーンショットを沢山載せても、同じ画面をiphoneやPCで見てみても、実際に操作してみないと感覚が伝わらないと思いますし、そもそも、かなり主観的なものなので、他に人は別の印象を持つとは思います。

是非、チャンスがあったらお試しください。

以下にご参考までにamazon.comをipadで見た場合のスクリーンショットを

① 検索キーワードで該当商品のリスト

② 下のカードスタックみたいな所をタッチすると詳細情報が見れます。


③ 一方①の写真の部分をタッチするといろいろな写真が見れる


やはりiPadとマインドマップはベストマッチ

標準

iPadを手にした時に、座って椅子によりかかってメールを見たり、ビデオを見たり、インターネットをブラウズしたり、本を読んだりするのには最高だなと思いました。

それと同時に、ちょうど良い大きさのキャンバスではあるけど、ちょっとお絵描きには抵抗があるかなと思ったのですが、なんとなく、良いソフトであれば、マインドマップをやるのには最高じゃないかと感じていました。

昨日、アメリカのAppStoreからiThoughtsHDというマインドマップのソフトを購入して試してみましたが、やはり直感通り、かなりイケています。

マインドマップはだんだんと予期せぬ方向に広がって行ってしまう物なので、無限大のサイズのキャンバスに自由自在に書けるのはもちろんですが、ピンチジェスチャーでいつでも拡大縮小して全体を見渡せるのも大きなメリットです。

iphoneでも出来る事ですが、やはりこのくらいの画面の大きさが「ちょうどええ」だと思います。

マインドマップのソフト自体は沢山種類があるようで、また、これからももっと良い物が出てくるでしょうし、私がたまたま選んだiThoughtsHDが必ずしもベストなソフトではないかと思いますが、それでもこれだけ便利に感じるので、iPadのこの分野でのブレークを感じます。マインドマップやる為だけにiPadを買うという人も出てくるだろうし、教育分野などへの活用が期待出来ます。

願わくば文字と図形、アイコンだけでなく、イメージも扱えるとバッチシなんですけどね。

これで、良いアイディアがドンドン出て来ることを期待します。

(最初のイメージのように、マインドマップのソフトのヘルプ画面ってマインドマップ形式なんですね。納得!)

Keynote 買っちゃいました

標準

昨日、突然(大体、こういうのは突然なんでしょうが)、日本でのipadの発売が5月末に延期になりましたよね。 理由がアメリカで予想以上に売れているから、というのはアメリカ以外の人達にとってみると納得しがたい理由かなと思います。

しかし、Appleの立場に立って考えると、アメリカでは目玉の電子書籍販売、iBookがすでに立ち上がっているので、アメリカで販売すれば、ipadそのものの収益に加えて、書籍販売の収益も見込めます。(さらに、これは1台のipadに対して無限の販売ポテンシャルを持っています)

品薄状態で同じ売るならアメリカマーケット優先というのはまあ、妥当な判断ですかね。

本来なら、私も一か月も送らせられたらカッカッするのでしょうが、比較的冷静に受け止めています。

ひとつは、本来4月末に発売するのであれば、3週間前の4月10日が予約開始のデッドラインなはずなのに、何も始まらなかったのでおかしいなとは思っていました。

そして、一番大きいのは、私の手元にはすでにipadがあるという事です。

アメリカでの発売で、代行購入の方法を使って、たった3週間くらいの命だけれども、少しでも早く自分や自社のエンジニアに体感してもらいたいという事で購入を断行(断行というほど大げさな話ではありませんが)したので、先週末から手元にあるのです。

これが、心の余裕に大きく影響していますよね。

で、たった3週間の命(日本での発売が始まったらすぐ買うつもりなので)なので、Keynoteは日本語版で購入しようとガマンしていたのですが、もう一月命があるならと、買ってしまいました。

Macでは、プライベートではプレゼンテーションを使う事はあまりないしと買っていなかったのですが、ipadでは紹介ビデオを見ても使ってみたくなるものだし、価格も9.99ドルとお手頃なのでおもちゃとして買っちゃいました。

アメリカのAppStoreで買わなければいけないので若干テクニックが必要ですが、itunesギフトカードを使って購入。今は合間を見ていろいろいじくっています。

まだ、慣れていないので、機能を使いきるのが当面の目標ですが、プレゼンに使う画像、ビデオなどの素材が既にipad(元々はiphoneなどから同期されたものですが)にあるので、本当にお手軽に素敵なものが作れちゃう感じです。

私はあの、SteveJobのプレゼンでいつもやっている、大きな「数字」がドカンと落ちてきてホコリが立つというトランジッションをやりたいのですが、未だみつかりません。

どなたか知っていますかね。

ipadの発売日のずれ込みがこれからのインターナショナルでの販売に吉と出るか凶と出るかはまだわかりませんが。すでにアメリカでんは先行で販売されているのですから、その評判次第というところですかね。

ipadを使ってみてわかった事

標準


前回と若干かぶりますが、何日かipadを使って解った事です。

  • 画面がすっごく綺麗。
  • すっごく速い。
  • ストリートビューは圧巻だ。
  • バッテリーの持 ちが心配にならない。
  • 片手で持ちながらは結構辛い。
  • キーボードは横向きにして横長にすればほぼ普通のキーボードの感じで使える。
  • iphone で日本語キーボードに慣れているとipadでの日本語入力はたるい。
  • 絶対「大きなiphone」ではない。
  • 歩きながらとか、立ち止まって使うという使い方は向いていない。
  • 画面の映り込み、指紋跡は気になる。
  • WIFIモデルだが、 何故か、位置情報は結構精度が高い。
  • やはり、ipad専用アプリがいい。
  • 現時点で外で使うのは見せびらかしているみたいで気が引ける。
  • iphone を使っている人は直ぐに使えるようになる。
  • 確かに、自動的にローテートする機能をロックするボタンは必要だ。
  • A4の資料をは見るのは苦に ならない。
  • 絵文字は表示出来るが、キーボードはない。
  • 鞄を持たない派にとってはipadの持ち運びは困る。
  • macユーザーはより解りやすいと思う。

結論

  • ipadはiphoneの代わりにはならない
  • ipad は出先で座って膝にのせて、寄りかかって使うものだ。
  • ノングレアのスクリーンプロテクターは必要だ。
  • 専用のカバンが出るのを待つしか無い。
  • 仕事には充分使える

7 TentPole features が説明されました

標準

ipad発売開始のフィーバーもさめやらぬまま、iphoneOS4.0の発表イベントがありました。

例によってUstでライブストリーム多数、Twitterで中継翻訳とリアルタイムで状況が日本に伝わって来て、本当に便利になったと思います。

今回は(めずらしく)発表内容のポイントが見えていたので、無理無理遅くまで起きている事無く、後でじっくりアップルのオフィシャルのストリーミングを見ました。

今回は沢山追加になった機能の中で特に7つだけハイライトして(tentpole featureっていうんですね)発表というスタイルでしたね。

発表のハイライトは実況のビデオを長々と見るよりはEngadgetなどの記事を呼んだ方が時間節約になると思いますが、私はやはりSteve Jobsの生のプレゼンが見たいのでじっくり見ちゃいました。

夏にはリリースされるとの事なのできっと新しいiphoneハードウェアも何か出るんでしょうね。

ipadにも少し遅れて秋に対応版が出るという事なので、これでまた、ipadの使う用途が広がる気がします。

なんだかSteve Jobsの発表を聞いていると、今まで出したいろいろなアップル製品というのはすべてiphoneとipadの準備として出して来た様な気になるから不思議です。(特にipadのバラシレポートではほとんどの部品がiphoneと同じという事らしいので、iphoneもipadを出す為の途中段階、ipadのローンチの為の事前教育マシンだったのじゃないかと思えるくらいです)

ところで、発表には出ていませんでしたが、すでにダウンロード開始されたiphoneOS4.0 SDK(私もすでにダウンロードして読み始めています)などを眺めている人達の間ではiphone用のichatが4.0には含まれるだろうという噂が流れています。私もiphoneOS3.1のときに出るかなと思っていたのですがスカった記憶があります。macOSですでにichatがあるし、iphoneにもほとんど同じUIでいい様な気がするんですけどね。Videoチャットだとかになるといろいろ難しさはあるんでしょうが、とりあえずチャットだけでも欲しいですよね。

私は今は仕方なしに有償でBeejiveというチャットソフトを入れて使っています。macOSのichatと良く似ていて、これはこれで中々使いやすくて優れものですが、出来れば純正がいいですよね。

常にわくわくさせてくれるアップルに感謝です。

また 買ってしまった

標準

いったい、いくつBluetoothイヤフォンを持っているのだろうかと自分でも思う。

モトローラのネックハング型の奴だの、イヤーパッド型だの、カナル型だの、骨伝導だの、ノイズキャンセラー付きだのと、多分10個はくだらないと思います。

そして、4月9日に発売になったJabraのClipperを予約までして購入してしまったのです。

今使っている奴が気に入っていない訳ではないんですけどね。

自分の耳と耳の穴が普通の人より小さいようで、なかなかピッタリのものが見つからず、Bluetoothを買うときにも、イヤフォン部分と通信部分が別々のを買うようにしています。

また、音楽と電話と両方出来る(ハンズフリープロトコルとオーディオ様のプロトコルの両方に対応していてマイク機能があり、切り替えられるもの)ものは多いのですが、電話機能の場合は片耳だけというものも少なくありません。

しかし、人間とは不思議な物で、同じ音質の電話の音でも、なんだか両耳で聞くと音質がすごく良くなった気がします。それも購入の条件に入っています。

今回のJabra Clipper購入の理由(自分への言い訳?)はスマートさと使っていない時のコンパクトさです。

音質、音切れはBluetooth2.1+EDR+SCOというスペックでしか買う前は解らないのでギャンブルみたいな所もありますが、まあ今のところ問題無いレベルです。

また、次の新製品が出たらまた買っちゃうと思いますが、とりあえず満足です。